弓道研究室へようこそ

弓道研究室へようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

熱い思いを「かたち」に

国際武道大学ではオープンキャンパスを実施しています。
弓道部の見学、弓道相談にもお越しください。

2011弓-2
  1. 2014/03/24(月) 20:57:54|
  2. 弓道関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻の 『歩射論集』第3巻

第3巻は、幻の『歩射論集』と言っていいでしょう。袋とじ製本です。
国際武道大学図書館ほかに所蔵されています。
市場にはほとんど出ないと思われます。

hosyaron3
  1. 2014/02/21(金) 23:05:45|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袴腰板のヘラ

自作、「袴のヘラ」。
袴のヘラがなくて、腰板がずり落ちている学生がいる。
ヘラがなくても落ちないように着付けをするべきではあるが、自作してみた。

袴のヘラ
  1. 2014/01/20(月) 11:32:37|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

基礎弓道指導法Ⅱの的中率

かつて、「基礎弓道指導法Ⅰ」(半期の授業)で的中率を調べたことがあった。
28mの距離から、尺2寸星的への的中率は3%に満たなかった。

「基礎弓道指導法Ⅱ」は、Ⅰを受講済みの学生が受講できるようになっている。
すなわち、通年で弓道を学んだ学生である(実際は、通年受講でなくても、年度を替えても受講可能)。
この後期実施の「基礎弓道指導法Ⅱ」は受講生が少なく、8名(うち女子2)であった。
比較的に目が届きやすく、個別指導が可能であったといえる。
年明けにあと2回の授業を残してはいるが、今年最後の授業で録を取ってみた。
通常は遠的用半的で練習をしているが、本日は尺2寸的にはじめて挑戦し、その的中率も調べた。

結果は、8名(欠席者0)が24射し、合計192射29中で、全員が1本以上の的中であった。
(弓の弱い女子にとってはかなり難しい。しかし、0中がいなかったのでよかった。)


的中率としては、1割5分1厘(15.1%)であった。


「基礎弓道指導法Ⅱ」の、この的中率はよい方だと推測する。
受講人数が多ければ、ここまでの的中率は難しいだろう。


例年の「基礎弓道指導法Ⅱ」の受講生よりはうまくはいっていると思うが、まだレベルは高くはないので、尺2寸的は難しいのは事実。
しかしながら、結構集中して(中るようになりたいとの意欲が見えた)やってくれたので、小さな的(遠的的でなく近的正規の的)を授業で用いることも悪くはないかなと感じた次第。彼らの意欲は、私にとっても鮮であった。






  1. 2013/12/20(金) 14:03:45|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新刊:『日置流雪荷派の弓 弓道回顧録』 川島堯著

新刊『日置流雪荷派の弓 弓道回顧録』 川島堯著
 編纂 小澤勉
 監修 松尾牧則
 一粒書房
 2013年12月3日発行
 定価 本体1600円+税
 230頁

目次:
 前書き
 凡例
 弓道回顧録
 弓道実修私見
 信太歌之助先生と山田次朗吉先生の思い出
 関連文章外
 後書き
 川島堯先生と信太歌之助先生外の写真と年譜
 掟【覓眞館】と写真

■ご入用の方は国際武道大学弓道研究室(松尾牧則 m-matsuo@budo-u.ac.jp)までお問い合わせください。
■発送をご希望の方は、送料を含め、1760円でお送りします。


弓道回顧録
  1. 2013/12/06(金) 22:04:48|
  2. 弓道書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「基礎弓道指導法Ⅱ」試合

「基礎弓道指導法Ⅱ」の授業で試合を行いました。変わった的を準備して得点制で行いました。本年は受講者が少ないので、いつもとは違うことにも取り組めています。好評だったようで、またやりたいと言っています。
長方形の縦的と横的は、「縦的が狙いやすい」と学生は言っています。私もそうだなあ。何故でしょう?

基礎弓道指導法Ⅱ・的

優勝したSSK君。矢が飛んでいるところが撮影できました。縦的を狙っています。
SSK君には弓道Tシャツをプレゼント。
基礎弓道指導法Ⅱ・試合
  1. 2013/11/08(金) 13:01:11|
  2. 弓道関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際武道大学 弓道切手

国際武道大学は、創立30周年記念を迎えました。

三華さんが切手になりました(笑)。2回目の女子東西対抗に出場します。



  1. 2013/10/25(金) 15:51:11|
  2. 弓道関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

覓真館の的

川島堯(戦前の藩士)の「覓真館」弓道場で使用されていた的です。
昭和30年代前半と思われます。

めて見る絵柄です。
星は直径3寸(約9cm)です。
ライフルとか、鉄砲関係の的の絵柄に似ています。
点取り的というのも、こんな感じだったのでしょうか?


  1. 2013/10/21(月) 06:55:47|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弓掛け

100円ショップで購入し、200円で設置した「弓掛け」
ちょっと安っぽいし、壁に馴染んでいない(笑)。
壁に合わせて色を塗った方がよかったかな?

弓掛け
  1. 2013/09/17(火) 06:53:23|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブータンの弓は継いである

ブータンの弓は握りの部分で継いである。
単に重ねてテープで巻いたように見える。
和弓の継ぎ弓を考える上で、ヒントがありそうな気が・・・

ちなみに、ブータンの弓も竹弓である。

ブータンの弓
  1. 2013/08/06(火) 21:47:35|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

得点的

実業団で使用される得点的
点数:黄10点、緑7点、赤5点、白3点
実業団でなくとも、時々通常の稽古に用いるのは、気分転換となっていいのではないでしょうか。
本学でも導入したい。

得点的
  1. 2013/06/07(金) 21:28:34|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巻藁後方のネット

写真は、京都武道センター内の巻藁ですが、後方にネットが張ってあって安全です。
巻藁の後方にガラス窓ががあるようなので、その保護のためにネットが設置されているのでしょうが、板壁であってもその前面にこのようなネットが設置されるといいですね。
日本武道館研修センターの巻藁室にもこのようなネットが設置されるといいのですが。

巻藁にはせっかくキャスターがついていますが、このサイズでは小さすぎて床に傷がつきそうです。
もう少し大きめのものだったらより良さそうです。


京都武道センター巻藁

  1. 2013/05/05(日) 23:20:01|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弓力測定器に

東京駅で見つけたトラベルスケール。
これは弓力測定器に使える。
たしか、1200円くらいだった。

トラベルスケール
  1. 2013/04/05(金) 06:05:01|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

審査料等

下の写真は某県弓連の例ですが、入門料とか手数料とかがあるんですね。このへんは、たぶん県によっても違うのでしょうね。
公益財団法人となった全日本弓道連盟としては、各県連を指導し、統一していく必要があるのでしょうか? それともこの辺は各県連の裁量なのでしょうか?

地域の弓道会の会費は、道場使用料や会の運営方法など事情が異なって来ますので、違いがあっても当然だとは思いますが、県弓連盟盟の年会費はどうでしょう? 
私はかつて、県連を移動した時に、年会費が今までの半額以下になってびっくりしましたことがあります。
これも事情が異なるといってしまえばそれまでですが、県によってあまりに違いがあるようですし、全日本弓道連盟が公益財団法人となったのを期に、いろいろと考えていかなければならないのかもしれませんね。

山口県連
  1. 2013/03/05(火) 10:05:49|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

弓にちなんだ、ストラップ

韓国で買った遠的の的に似たガラス細工
自作の弓チップストラップ2点
中年の星!(山本先生)



携帯ストラップ(的・弓断面)

中年の星
  1. 2013/01/31(木) 21:21:53|
  2. 弓道関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

矢拭き用の補助ブラシ

弓道書とは関係のない某書に写り込んでいた矢の砂を落とすブラシです。
これ、なかなかいいですね。作ってみたい。

矢拭きブラシ
  1. 2013/01/20(日) 11:27:22|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弓袋の紐の結び方

弓袋の紐は、上で結ぶのがいいのか?下で結ぶのがいいのか?

私は下で結んでいるような気がする。
特にその理由はないが。
あえて、言うならば、なんとなくその方が結びやすかったからだろうか。
写真では上で結んでいる人が多いようだ。

どっちがいいのだろう?
また、何か慣習はあるのだろうか?


弓袋の紐

Foto:Matsuo 
千葉県学生新人戦にて
  1. 2012/12/28(金) 20:54:56|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和弓の力学について

第8回JAIST 応用科学研究会

「演題:和弓の力学について」 演者:井出 敦夫氏、相澤 岳氏

日時:平成24 年11 月28 日(水)午後1時より
場所1:JAIST 東京サテライト(JR 品川駅より徒歩3 分、インターシティA 棟19 階)
場所2:北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科Ⅲ棟5F・コラボ6 テレビ会議システムにて聴講



上記の案内をいただきました。オープン参加の研究会のようで、日本武道学会弓道専門分科会の会員も希望者は参加できるとのことなので、聴講に行くことにしました。

どのようなお話が聞けるか、楽しみです。


  1. 2012/11/26(月) 13:25:26|
  2. 研究会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャフトの端切れ

アルミシャフトの切れ端

アルミシャフトの端切れ。
何かに使えないかな?
風鈴にしたことがあるが、うるさいくらいに、いい音色。
ヤスリの取っ手に使用したこともある。

そのほかは、思いつかない。

いつも、何かに使えないかな・・、と思いつつ、処分してしまう。

どなたか、いいアイディアをください。
  1. 2012/11/04(日) 20:13:00|
  2. 弓具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

神頭

WTAF(世界伝統弓術祭典)において、モンゴル的攻略用にこの神頭を遠的矢に装着して臨んだ。
モンゴル的用にはこのような特殊な矢の準備が必要である。


神頭

  1. 2012/10/20(土) 23:45:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

kyudoken

Author:kyudoken
松尾牧則(Makinori MATSUO)
筑波大学体育系准教授 弓道領域担当
筑波大学体育系弓道研究室


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
弓 (3)
弓術文献 (6)
古写真 (5)
弓具 (23)
弓道関連 (14)
研究会 (2)
弓道書籍 (5)
弓道研究 (2)
弓道人名 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。